2016フランスヨーロッパカップ|サッカー代表ユニフォーム通販

2016フランスヨーロッパカップに連れて、各代表チームのサッカーユニフォームがすべて人気通販しています。

日本サッカーの「常識」につての考え

| 0件のコメント

何気ない言葉の中に、日本サッ力ーのネ質を見抜くヒントが隠されていることがある。2010年南アフリカ•ワールドカップに向けたスカバーの特番で、ィビチヤ•オシムが投げかけた言葉もそのひとつだった。オシムはこう語つた。

「毎週Jリーグと、欧州リーグを見ている人が、これが同じスボーツか?という疑問を持つたときに、サッカーの解説者には答える責任があると思います。なぜ違うように見えるのか”ちやんと説明しなければいけ ません。そしてなぜ日本人選手が同じょうにプレーすることができないのか、説明できるだけの知識と責任感を備えていなくてはいけません」

オシムはきつと、こう言いたかつたのだろう。Jリーグと欧州のトツブリーダには、同じスポーツとはいえないと感じさせるほど重大な差がある。その差を明確に言語化できない限り、日本サッカーが次のステージに行くことはないと。
ワールドカップを取材するために南アフリカを訪れてからも、筆者の頭の片隅にはずつとこの才シムの言葉がひつかかつていた。なぜ別のスボ1ツに見えてしまうのか。世界トップとの差はどこにあるのか。

もしかしたら、完全に見落としている欠点があるのではないか…。そんな自間自答を嫌り返していたとき、ワールドカッブのメディアセンターで解説者の風間八宏さんと『日本サッカーの可能性」について話す機会があった。

風間は18歳のときに日本代表に遘ばれ、筑波大学卒業後に数々の実業団チームからの誘いを断つてドィツ へ飛び、計6年間ドィツでプレーした。”欧州組”の先驅者のひとりだ。清水商業時代の恩師である大涛雅良監督が「救えることは何もなかつた。逆に自分が彼から多くのことを学んだと回想するように、幼い頃から飛びぬけた発想力を持つ”天才”だ。

サンフレッチェ広島時代には、キャブテンとしてJリーグの前期優勝(94年)に貢献しており、間違いな く日本サッ力ー界で世界のトップとの距離感を最もよく知るひとりである。中田英寿氏は現役時代、風間の 見識と洞察力に共感を覚え、nakatanet TVの進行役を任せていたほどだ。

コメントを残す

必須欄は * がついています